MENU
MENU

国籍証書とは?よくある勘違い

Takanawa Gateway Fest

※少し前まで開催されていた「Takanawa Gateway Fest」の様子です。

こんにちは。行政書士の北山です。

中国籍の方が帰化申請をしようとするときに,「国籍証書」という書類の提出が求められます。

この「国籍証書」とはいったい,どのような書類でしょうか?

今回,国籍証書に関する,よくある勘違いをできるだけわかりやすく説明してみました。

●よくある勘違い その1

「国籍証書=国籍証明書」

ではありません。

よく似た名前ですが,帰化申請の際に求められる書類の正式名称は,「自動的に中華人民共和国国籍を喪失する(国籍証書)」です。

これは,証明書の中のひとつですが,「国籍は中国ですよ」という証明ではありません。

「日本国籍を取ったとき,中国国籍を自動に失いますよ」という意味の証明です。

日本の法律では二重国籍(ひとりで2つ以上の国籍をもつこと)を認めていません。そのため,中国籍から帰化する場合の審査で,「この人の国籍は中国ですね」だけでは足りないのです。

「この人が日本人になったら,中国の国籍を失うから,二重国籍にならないのね」という確認です。

●よくある勘違い その2

「中国籍の人が,国籍証書を申請すると,その時点で中国籍を喪失することになります。」

→違います。

国籍証書を申請する時点では,中国籍を失うことはありません。

日常ではなかなか見ることのない書類ですが,国籍証書の内容を書き出します。

中国語:「当〇〇取得外国国籍時,即自動喪失中国国籍」

「〇〇さんが外国の国籍を取得したとき,中国国籍を喪失することになります」という意味の文です。

申請するときは,中国籍のままです。

帰化申請が許可されるまでは,中国のパスポートを使うことができます。

●よくある勘違い その3

「万が一帰化申請が不許可になってしまったら,無国籍状態になります」

→違います。

帰化申請が不許可になってしまうときには,日本国籍を取得できていないため,中国籍を喪失することにならないのです。

そのため,中国籍のままです。無国籍状態にはなりません。

いかがでしょうか。

*次回の帰化・国籍コラムでは,「帰化申請には面接があります」を掲載する予定です。

ブログTOPへ

行政書士北山事務所

〒110-0016
東京都台東区台東1-38-9
イトーピア清洲橋通ビル5F
※2022年7月1日より上記所在地に移転

JR各線秋葉原駅徒歩10分
JR各線浅草橋駅徒歩8分

主要駅からのアクセス

・JR「東京駅」⇒「秋葉原駅」約4分
・JR「品川駅」⇒「秋葉原駅」約17分

イラストマップ