MENU
MENU

永住者の子供

高輪ゲートウェイの虹

※事務所の近くに取った,微かに虹色に染まる雲でした。

先日,YouTubeで「中国人の日本在留資格について!」という動画を見ました。

日本育ちのユーチューバー,李姉妹さんが,中国人の在留資格や永住と帰化の違いについて話した動画です。

ビザ申請などは,外国人にとって当たり前のことですが,日本人からするとなかなか知る機会がないでしょう。少しでも興味を持ってもらうという意味で,とても有意義な動画だと思いました。

しかし,コメント欄にはこんな書き込みを見つけました。

「永住者の子供も、永住者になれるわけですね」

これは,勘違いです!

永住者の子供は,自動的に永住者になれるわけではありません。

断片的な情報だからこそ,誤解が生まれたわけですね。

「永住者の子供」の在留資格は大まかに分類すると,三つ挙げられます。

1.永住者の配偶者等

2.定住者

3.永住者

※細かくなりますが,前提は

・外国人同士の間の子供(日本人の子供ではない)

・親のどちらかは「永住者」の在留資格を持っていること

・実子(産みの子/Biological child)であること

この三つのことに満たす場合のお話です。

1.永住者の配偶者等

日本で生まれた場合は,生まれてから30日以内に,「在留資格取得許可申請」をして「永住者の配偶者等」の在留資格を取ります。

ポイントとなる条件は,「永住者の子供として」「日本で生まれた」という,この二つのことです。

「日本で生まれた」は分かりやすいかと思います。

「永住者の子供として」は少し分かりづらいかもしれませんので,例を挙げてみます。

  • 生まれたとき親がまだ永住者ではなかった。そのあと永住権を取得した

→×

  • 生まれたとき親が永住者だったが,そのあと永住者の資格をなくした

→〇

生まれたときの親の在留資格で判断が分かれます。

2.定住者

里帰り出産など,日本以外の国で生まれた場合は,子供が得られる在留資格は「定住者」になります。

また,日本で生まれたけれど,生まれた後に親が永住権を取得したケースにおいても,「定住者」に当たります。

海外で子供を産んで,その後日本で一緒に暮らすために行う申請は,「在留資格認定証明書交付申請」です。

※短期滞在から変更するケースもあり得ますが,ここでは説明を省略します。

就労ビザを持っていた親が永住者になった後に,子供の在留資格を「家族滞在」から「定住者」へ変える申請は,「在留資格変更許可申請」です。

3.永住者

赤ちゃんであっても,永住者になるためには,いろいろと審査されます。

扶養者である親の年収や,昨年から特に厳しくなった公的義務(納税などの義務)を果たしているかなど,普通の永住許可申請と同じようにチェックされます。

日本で生まれたら,「在留資格取得許可申請」で,「永住者の配偶者等」を取得する手続きがあることを,上の1.にてお話しましたね。

その時に,同時に「永住許可申請」をすることで,永住の要件に満たしていれば永住者になります。

つまり,

永住者の配偶者等になるための「在留資格取得許可申請」と,

永住者になるための「永住許可申請」

を同じタイミングに提出できるのです。

永住許可の条件に満たすと,「永住者」になります。

※その場合には,もう片方の「在留資格取得許可申請」の審査を止めてくれます。

永住許可の条件に満たしていないと,「永住者の配偶者等」になるでしょう。

もちろんその後,条件が揃えたタイミングに,再度「永住許可申請」にチャレンジしてもOKです。

以上のように,生まれた場所や,生まれたときの状況によって,子供の在留資格が変わります。

ブログTOPへ

行政書士北山事務所

〒144-0052
東京都大田区蒲田5-21-13
ペガサスステーションプラザ蒲田
※2021年2月15日より上記所在地に移転

JR線・東急線蒲田駅徒歩3分
京浜急行電鉄京急蒲田駅徒歩6分

主要駅からのアクセス

品川駅より
・京浜急行電鉄「品川駅」⇒ 快特で「京急蒲田駅」約6分
・JR「品川駅」⇒「蒲田駅」約10分

横浜駅より
・京浜急行電鉄「横浜駅」⇒ 快特で「京急蒲田駅」約10分
・JR「横浜駅」⇒「蒲田駅」約19分

イラストマップ