MENU
MENU

就労ビザの年数

こんにちは。行政書士の北山です。

在留資格の「技術・人文知識・国際業務」には在留期間があります。

一般的に,1年,3年,5年のいずれかになります。

その年数は,長いに越したことはありませんね。

なぜなら,長くもらえた方が

・更新の手間が減る

・親族などの短期滞在ビザ申請で,身元保証人になれる

・永住許可申請で必要となる,「最長の在留期間をもって在留していること」という条件をクリアできること

・配偶者や子供が家族滞在で在留している場合,自分のビザに合わせられるため,より長い期間をもらえる

といったメリットが挙げられます。

ではその期間はどのように決められるのでしょうか。

在留期間についての審査基準

「3年のビザで転職したら,1年になってしまった」

「大きい会社だから5年もらえた」

といった声を聞きますが,実は入国管理局では細かい審査基準が設けられています。

大きく分けられると,「仕事の状況」,「会社の状況」,「申請人自身の状況」この三つです。

1.仕事の状況

・会社と仕事内容が変わったかどうか

・契約期間(「雇用期間の定めなし」か,「〇年,自動更新あり/なし」か)

2.会社の状況

・会社の規模(カテゴリー1から4のうちのどれにあたる?)

・会社の安定性

・ほかに外国人を雇っている場合に,その人たちの状況

3.申請人自身の状況

・申請人の希望(申請書の1枚目に記入欄があります)

・転職した場合,届け出をしたかどうか

・納税などの義務を果たしているか

・日本で何年住んでいるか,そのうち就労ビザで滞在した年数

などなどです。

少し具体的な例を挙げてみます。

例1

A社で5年間ほどX業務をしました。

その後,競合他社のB社に転職して引き続きX業務をしています。

入国管理局に対しては届出をしています。

なおB社との契約期間は「雇用期間の定めなし」です。

今は3年のビザを持っています。次は何年でしょう?

→可能性としては,同じ3年もしくは5年の可能性が高いでしょう。

例2

同じ会社で2回目の更新です。

最初は1年,その後3年もらえました。

しかし住民税を滞納しています。

→仮に更新できても,恐らく,1年まで短縮されます。

※滞納の理由や,その後の納付状況などが見られます。

例3

同じ会社でのはじめての更新です。

この会社の外国人たちは,会社に入ってすぐやめる人が多いです。

3年のビザを持っている人はいないと聞いています。みんな1年です。

私のビザは大丈夫でしょうか?

→仮に更新できても,恐らく,1年のままです。

このケースに限らず,総合的に「在留状況を1年に一度確認する必要がある」と

判定されたら,1年の在留期間が決定されます。

以上の例は,あくまでも参考です。

実際にご相談いただいたときには,もっと細かくヒアリングしています。

悩んだらご相談してみることをお勧めします。

ブログTOPへ

行政書士北山事務所

〒144-0052
東京都大田区蒲田5-21-13
ペガサスステーションプラザ蒲田
※2021年2月15日より上記所在地に移転

JR線・東急線蒲田駅徒歩3分
京浜急行電鉄京急蒲田駅徒歩6分

主要駅からのアクセス

品川駅より
・京浜急行電鉄「品川駅」⇒ 快特で「京急蒲田駅」約6分
・JR「品川駅」⇒「蒲田駅」約10分

横浜駅より
・京浜急行電鉄「横浜駅」⇒ 快特で「京急蒲田駅」約10分
・JR「横浜駅」⇒「蒲田駅」約19分

イラストマップ